「台湾少年工慰霊碑参拝」と「台湾亭訪問」 参加者募集

2018年4月21日(土)、神奈川県大和市・善徳寺にある「台湾少年工慰霊碑」参拝と、ふれあいの森公園にある「台湾亭」の見学を行います。

 

台湾少年工は、太平洋戦争中に、戦闘機生産のための労働力として、台湾で募集され、日本本土の工場で働いていた台湾の少年たちです。昭和20年(1945年)7月30日に、大和市内では米軍の爆撃があり、宿舎に帰る途中の少年工6人が犠牲になりました。この台湾少年工慰霊碑は、当時、高座海軍工厰の海軍技手であった早川金次氏が、昭和38(1963)年に私費を投じて建立したものです。

 

皆様には、ご多忙中とは存じますが、若くして異郷に散った台湾少年工を悼むため、是非ご参加の程お願いいたします。また、会員以外で参加希望の方がおられれば、お誘い頂ければ幸いです。この機会に、より多くの方たちに「台湾少年工」について知って頂ければと願っております。

 

なお、当日参拝終了後、昼食会を希望者のみで実施いたします(大和駅前・北京飯店を予定、電話046-261-7160)。当日、参加希望者を募ります。

 

また、少雨決行予定ですが、ご不明の場合は、喜田(090-4941-9613)宛にご確認下さい。

 

      ~ 記 ~

 

日 時:2018年4月21日(土)10時30分集合

 

集 合:小田急江ノ島線・大和駅前「なでしこ広場」

※タクシーに相乗りして善徳寺に向かいます。

 

資料代:1000円 ※当日、少年工の資料を配布します。

 

昼食会:北京飯店 ※希望者のみ

 

問合先:喜田会長(090-4941-9613)